育毛剤Q&A

育毛剤Q&A記事一覧

薄毛はさまざまな原因で生じるとされています。また男女で原因が異なっており、それぞれに相応しい対策を行うことも大事です。では薄毛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。男女関係なく見られるのが血行不良が原因による薄毛まず男女共通で見られるのが血行不良。頭皮の血流が滞りがちになることで毛根に十分な酸素と栄養が行き渡らなくなり、健康な毛髪が作られなくなってしまうのです。その結果弱くて細い毛ばかりが作...

古くから薄毛の重大な原因とされてきたのが男性ホルモンです。「性欲が強い人は薄毛になりやすい」とも言われ、半ば定説のように扱われてきました。これは事実なのでしょうか?男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化することで薄毛が進行する薄毛に関する研究の進展によって男性ホルモンが薄毛と深く関わっていることが科学的に明らかになりつつあります。そのメカニズムも判明しつつある状況です。それによると男性ホルモン...

サプリメントで薄毛対策を行うケースも増えています。育毛剤と併用することで相乗効果も期待できると言われており、日々の生活の中で活用している人も多いようです。ただ、育毛剤とサプリメントの併用によって効果が実感できるタイプの薄毛とあまり期待できないタイプがあるので注意が必要です。頭皮の血行不良による薄毛には育毛剤だけではなくサプリによる内側の改善が効果的では併用による相乗効果が期待できる薄毛のタイプには...

薄毛の原因に食生活が関わっているケースもあります。とくに現代人は偏った食生活を送りやすく、頭皮の健康状態や発毛・育毛環境を悪化させてしまうことも多いのです。では食べ物で薄毛対策を行う場合にはどういったものを意識して食べていけばよいのでしょうか。薄毛にはたんぱく質とたんぱく質の元となるアミノ酸が重要まずたんぱく質。ご存知のように毛髪はケラチンというたんぱく質で成り立っています。そのため食生活でたんぱ...

薄毛対策の選択肢として育毛剤と同じくらい重要な意味を持つようになったシャンプー。まず頭皮の健康状態を改善することによって発毛しやすい環境を整えようというわけです。またそうすることで育毛剤の効果を高めることもできます。では育毛目的でシャンプーを選ぶ場合にはどのような観点から選んでいけばよいのでしょうか?薄毛対策でのシャンプー選びでは頭皮に刺激を与えないものを使うことまず基本的なところから。頭皮に刺激...

薄毛の大きな原因となるのが頭皮の血行不良。これは男女問わずよく見られるため、育毛剤でも血行促進効果を持つ成分がよく配合されています。血行不良は血液の流れが滞ることで生じるわけですが、その対策方法としてマッサージやツボも有効です。代表的な薄毛対策に効果的なツボは頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)まずツボから見てみましょう。薄毛対策に役立つツボは頭部に集中しているため、自宅だけでなく仕事の合間などいつ...

育毛対策の基本といってもよい育毛剤。毎日使っているよ、という方でも意外と正しい使い方ができていないことがあります。育毛剤は育毛に役立つ有効成分を補うためのものですが、頭皮から毛穴を通してしっかり浸透するかどうかが効果のよしあしを決める需要なポイントです。そしてそれはタイミングによっても大きな差が出てくるのです。ドライヤーで乾かした後の方が育毛剤の効果が得られやすくなるとくに悩ましいのがドライヤーの...

抜け毛が気になりだしたら育毛剤を使い始めるタイミング、とよく言われますが、一方では育毛対策ははやめはやめが大事とも言われます。抜け毛が増えてきた段階や額が広くなってきた段階ではタイミングとしては遅く、予防の意味もこめてもっと早めに使い始めることが育毛剤の効果を発揮させる上での大事なポイントとなるのです。ではどんなきっかけやシグナルを目安に使い始めればよいのでしょうか?育毛剤を使うタイミングは本数や...

育毛剤を使い始めれば当然できるだけ早く効果が実感できるよう期待するものです。また育毛剤選びの段階でどれだけ早く効果があらわれるかを基準に選ぶことも多いでしょう。しかも育毛剤の効果は個人差があらわれやすく、多くの人たちから評価されている製品が必ずしも自分にとって最適な選択肢とは限りません。使い続けてどうも効果が期待できそうにない、と判断した場合には別の製品に切り替えるといった判断も求められます。育毛...

頭皮が敏感肌だと育毛剤が思うように使えないこともあります。無理して育毛剤を使ってしまうと刺激で肌に負担をかけてしまい吹き出物などのトラブルを起こしてしまう恐れがあるのです。育毛は頭皮を健康な状態にして毛髪が生えてきやすい環境を目指すことが大きな目的ですから、これでは育毛対策を行う意味がなくなってしまいます。敏感肌の育毛剤選びではアレルゲンや添加物に注意が必要となるとできるだけ低刺激なものを選ぶこと...

薄毛・抜け毛を何とかしたいと対策をはじめるときに最初の選択肢となるのが育毛剤です。が、いざドラッグストアに赴いて製品を購入しようと思うといろいろな名称を目にして戸惑うこともあります。とくに製品の比較検討を難しくしているのが育毛剤・発毛剤、養毛剤といった名称の違いです。原則として育毛剤は毛髪を育てる、発毛剤は育毛剤よりも強い効果が期待できると言われているどれも見るからに薄毛・抜け毛対策用に作られてい...

育毛剤を使って薄毛・抜け毛対策を行っていく上で大きな問題となるのが継続性とコストの問題です。たとえば奮発して高価な育毛剤を買って試してみたら効果絶大、健康な毛が生えてくるようになった、という場合はその後のケアをどうすればよいのか?その高価な育毛剤を買い続ける、というのは経済的な事情でちょっと厳しいですし、十分な高価が得られたのだから育毛剤でのケアは必要ないだろう、とやめてしまうのもちょっと不安なも...

薄毛の悩みを抱える女性が増えている影響もあってか育毛剤にも男性用と女性用の両方が増えています。同じ製品で男性用・女性用の両方を発売するケースも多く、以前のようになかなか女性でも使える育毛剤が見つからずに悩むということも少なくなっています。男性用の育毛剤は王発芽生えてきやすい頭皮の環境づくりを重視したものわざわざ男性用・女性用と分けて発売される以上、それぞれには違いがあるはずなのですが、実際にどのよ...

妊娠中と出産後はホルモンバランスの影響から抜け毛が急激に増えます。ほとんどのケースでは一時的な症状なのですが、その「一時的」が数ヶ月に及ぶこともありますし、その間にかなり薄くなってしまうこともあります。さすがに薄毛は避けたいと育毛剤で対策を行うのもひとつの選択肢なのですが、その際には体への影響もよく考慮して適切な製品を選んでいく必要があります。妊娠中の場合はとくにこの点を重要です。妊娠中・出産後の...

育毛剤とひと口にいっても製品によって配合されている有効成分はさまざま、また使ったところで期待した効果が得られるか心もとない、だったら複数の育毛剤を併用してできるだけ多くの有効成分を補うようにすればいいじゃないか、薄毛の悩みを抱えている人がこうした考えを持つようになるのもごく自然なことかもしれません。ただこの育毛剤の併用に関しては注意が必要、というより基本的にはお勧めしません。育毛剤をいくつも併用し...

薄毛は早い場合には10代の段階で進行していきます。高校生の段階で毛髪が薄い、ボリュームがないと悩むケースもあるわけですが、その際には育毛剤などで対策を行っても大丈夫なのか?薄毛対策は早め早めが大事といわれますが、10代後半の段階ではじめても大丈夫なのか?この点に関しては意見が分かれる面があります。育毛剤に配合されている成分によっては高校生の体に副作用をもたらすこともある大丈夫、という意見としてヘア...